物を増やさずに、ある物で代用できないか考えてみると、案外なくても大丈夫なことのほうが多いです。
例えば、バターケース。
毎朝のバタートーストに使うバターケースは大きいと思いませんか。
私は、若い頃長崎で買ったぐい呑で代用しています。
ちょうどWECKの蓋がピッタリで、10〜20gずつ冷凍庫から小出ししています。

     

 

 


他に、マッシャー。
ポテトサラダやさつま芋をマッシュする時は、サーバーフォークが出番です。きれいにマッシュするより少しゴロゴロした食感が好みです。
サーバーフォークやサーバースプーンも若い頃買った物を利用しています。

      


それから、やかん。
小さなホーローケトルの中にサビが出て処分してからは、やかんを探していましたが、5年も経てば、夫も「必要?」と言うように。
麦茶は、パスタパンで毎日煮出しています。これは直径16.5センチのミニパスタパンで、何でもないデザインが好きです。
パスタパンに手付きざるで代用できます。やかんは湯を沸かす、に限られますが、パスタパンならスープや瓶の煮沸消毒にも使えて、何より洗いやすいです。マグボトルに麦茶、魔法瓶に熱湯を注ぐ時も一気に入れることができます。(シンクに置いてから入れると安全)
麦茶ポットは、空き瓶とマグボトルに入れています。

     


あるといいな、と思う物や、買い替え時に、要らないかも?と考えてみるとなくても困らないことに気づきます。
そして、今ある物で代用できないか考える癖をつけると、大好きだけど使っていない物が再び脚光を浴びたりして、日常の工夫って楽しいなあと思います。(Hさん)

虫の音が聞こえるようになって、暑さもピークを過ぎた感がありますね。
今年も酷暑でフル稼働しているエアコンや扇風機に感謝しながらお手入れ。
我が家はエアコン2台と扇風機1台、サーキュレーター1台があります。


エアコンのフィルターはサッと水洗いしてたわしで優しく洗い、干します。

 

 


扇風機とサーキュレーターは掃除機で筆を使って隅々まで埃を取ります。
羽根と全面ガードは水洗いして陰干し。30分もあればきれいになります。
私はいつもエアコンのフィルターと扇風機、サーキュレーターとセットで
洗うことに決めています。

 

 


午後からは、水シャワーを浴びるついでにバッグを石鹸で洗いました。
バッグにも、シャワーを掛けて、勢いよく浴室で水切り。
エコバッグの他に、厚い帆布のバッグも、炎天下パリッと乾いて真っ白に。
洗いたての綿のバッグは、とっても肌触りが良くて、幸せな瞬間。
シャワーを浴びて、扇風機の前で風に吹かれるのは夏ならではですね。
暑くても、ちょっと動くことで清々しい気分になれます。(Hさん)

Uさんのチュニック素敵!さらしで作るなんて最高ですね。
それにデザインが素晴らしい〜
私も偶然、服を縫いました?
といっても不器用な私に服が縫えるわけがありません・・・
あまり出番のなかった長袖の薄い生地の服を断捨離しようと
まず袖からはさみでチョキチョキしていたら、
ノースリーブで着れるかも?とピンキングばさみで袖をぐるりと切り、
折り込んで手縫いしてみました。
丸襟も際で切って、スタンドカラーにしました。(切るだけ)
取った襟は、周りをぐし縫いしてコサージュにしてみました。
この服は軽いからか、びっくりするくらい涼しかったんです。
あっという間に乾くので、干して30分ほどでまた着てのお気に入りに。

 


気を良くして、レースがほどけてきた、古い綿麻のチュニックの袖も、
ピンキングばさみでチョキチョキ。もう面倒になって切りっぱなし。
袖がないだけでこんなに涼しいなんて、もっと早くすれば良かったわ。


袖はマスクに変身し、残りの切れ端は排水口のゴミ取りに使いました。(Hさん)

あんまり暑いのでさらしでチュニックを作りました。
「すてきにハンドメイド」2019年7月号掲載、ゆかた地で作るデザインです。

 

     


長じゅばんのリメイクで1枚作ってみて、今回はさらしでつくりました。
着心地いいです。 (Uさん)

 

 

    

     長じゅばんからのリメイク      さらしで作りました

  


  

 

          

 

  

どうしても捨てられなかった息子の布おむつと

 


どうしても使いみちがなかった息子の小学生の時の裁縫箱の手縫い糸で
少しずつ少しずつ、縫い目なんか気にせずに気ままに縫っていたのですが、
ようやく、手縫い糸を使い切りました。

 


白、赤、青、緑の4つの縫い糸は実に16年、布おむつはおむつが必要にならなくなって約29年でしょうか。
こんな長い歳月を経て、やっと持ち主は縫うという行動に出ました。
一旦しまい込まれた物はなかなか生かされないものだと改めて思います。
使い切るということのエネルギーは、思うより大きいものです。
だからこそ、少なく持つ、早く決断することが物に振り回されないことだと
思うのです。

 

 


とはいえ、この雑巾。何度も洗ったからか、とっても使いやすい! 

もったいないなんて言わずにどんどん使っていこうと思います。
「もったいない」は使わずにしまいこんでおくこと。
使い切っていこうと思います。(Hさん)

私は毎月、ノートに気になっている掃除や整理などをメモしています。
他には、チャレンジしたい料理や調べたいことなども書いていますが、
小さなことでも後回しにしてしまって、気づくと何年・・・ということも。
先日は、やっと台所の箸入れの仕切りを作りました。

  


お箸やスプーンを入れているのは、確か少量の素麺が入っていた桐箱です。
仕切りを付けたら便利だろうなと思いながらそのままになっていました。
そこで、バルサ材と木工ボンドで仕切りを作りました。
やってみると、あっという間にできました。
仕切りができただけなのに、嬉しくなるものですね。

 


気になっていたスプーン磨きもできました。
父が趣味で1本1本、彫刻刀で作ったスプーンを大切に使っています。

 


気になっていること、小さなことから片付けてみませんか?
何でもいいですね、書けなくなったボールペンやマジックを捨てるだけでも
気持ちがスッキリすると思います。(Hさん)

 

毎日のトイレ掃除を、ワンパターンでしていると
つい見落としがちなところが私はあります。

ウォシュレット本体の裏側にある脱臭フィルターもそうです。
埃がたまりやすいので、電源を切ったら、本体を外して
フィルターの埃を取り、水洗いします。

   

時々は便器の縁に手鏡を当てて、見ることにしています。
自分の掃除の癖がわかります。
もし、汚れを見つけたら、丁寧に少しずつ不織布たわしでこすります。
(傷がつかないように柔らかいもので)

トイレの換気扇は、簡単に外れます。
窓があっても24時間フル稼働で、埃がたまりやすくなっています。
我が家の換気扇は水洗いできないので掃除機とブラシを使っています。

   

トイレブラシセットは、200円の陶器のポットにIKEAのキッチンブラシ。
陶器は21年前の引っ越しを機に、トイレ用として買いました。
ブラシは使わなくなった子供の上履き用のブラシを何年も使っていましたが、
コシがなくなりその後IKEAでキッチンブラシをトイレ用に買いました。
キッチンブラシも安価なものですが、丈夫で全くへたりません。
湯に酸素系漂白剤を溶かして、ブラシの除菌も兼ねています。

 

電化製品はちゃんとメンテナンスすれば故障も少なく長持ちします。
見落としがちなところも、できる範囲で、時々は掃除できるといいですね。

(Hさん)

 

・・・会員から ”やってみました!”・・・

ウォシュレットのフィルターは外したことなかったです。
Hさんのように便座うらは見せられませ〜ん。
フィルターは外せました!簡単!
ありがとうございます。刺激になります!(Uさん)

  

   

  

 

・・・Hさんより・・・

トイレの便座にある部品は、外すことができます。
マイナスドライバーでゴムを傷めないようにそっと外して、(怪我に注意)
洗ってみてください。

  

 

頑固な黄ばみは塩素系漂白剤でラップするか、
または泡ハイターを掛けてしばらく放置しておけば落ちます。
(警告! 絶対に酸素系洗剤やクエン酸と一緒に使わない!
 有毒ガスが発生して危険です。手袋、マスク、メガネを掛ける)


もし、どうしても落ちない場合は、新品と交換できるみたいです。

部品名は便座クッションです。
取扱説明書かウォシュレットに表示されている型番から、
ネット検索してみてください。
1個200円以下でだいたい買えるようです。

今日は我が家も便座クッションを酸素系漂白剤で除菌中です。
  

 

梅雨の晴れ間に下駄箱の掃除をしました。
玄関を少し開けて風通しをよくします。
全て出して、ほうきで埃や砂などを除き、固く絞った雑巾で棚を拭きます。

 靴はブラシで埃を取り、革靴はクリームを塗って、
防水スプレーを振っておきます。

 

 


私の靴は全部で6足。
長靴、フォーマル用、季節のサンダル、ブーツ以外は、
ふだんはウオーキングシューズと時々ローファーの2足です。
サンダルはこの夏でお別れです。もう買わないと決めています。
夫の靴は3足。
フォーマル用とウオーキングシューズ2足だけしか持ちません。
私は靴は大好きですが、この下駄箱にはこれ以上靴を置けないし、
ムカデじゃないからと言い聞かせます。
靴もしまい込んだままだとどんどん劣化し、
体重が変わればサイズも変わり、合わない靴は体の歪みを招きます。
靴もメンテナンスが必要なので億劫にならない数を持つようにしています。

 

 

 

傘は折りたたみ2本だけで、
長傘は出先で忘れるのでバッグに入る折りたたみ傘しか
持たないと決めています。
夫はよほどでない限り、傘は差しません。
1本は日傘兼用、もう1本は強風や大雨用で旅行にも持っていきます。

 

 

 

物の持ち数が少なければ、雑多なことが減り、清潔に保てます。
掃除がしやすくなれば、他のところにも目が行き届きます。
私は以前は、掃除が苦手で埃や汚れだらけで、いつも大掛かりなことをして
お正月は寝込んだことがあります。
物が減ってから、毎日の掃除が楽しく思えるようになりました。
掃除が苦手な方、部屋をきれいにしたいけどやる気が起きない、
という方は、物の持ち数を考え直すチャンスです。(Hさん)

息子が高校生の時に使っていた布団の敷きパッド、
帰省時にも使っていましたが、さすがにもうボロボロになり、
押入れの整理をして新しいものと交換しました。

敷きパッドは小さく切って、だいたいモップのシートの大きさにします。

 


程よい厚みがあって、市販のようにはいかないけれど埃は十分に取れます。

両面使って、さらに水拭きにも使って、ようやく御役御免。
1枚で3回、使えます。
集めた取り切れない埃は、水スプレーをして、捨て布で拭き取ります。

 

 

 

32枚できました。住所はかごの中。
最後まで使い切ったら、なんだか気持ちいいですね!

 

ちなみに、フローリングの埃は、
夜寝る前に、照明を消して懐中電灯を床に当ててみてください。
朝一番のモップの意味がよくわかります。
ついでに押入れやクローゼットの下など見ておくと、
すぐにでも掃除機を掛けたくなります・・・(Hさん)

 

 

 

 

 

 

 

Kakei+を使って、1か月家計簿をつけてみました。と言っても今月は食費と光熱費だけですが。

6月の月集計です、食費は全体で61円の予算オーバー、おしい!
今月は自分の誕生日があり、ちょっと高めのケーキを買っちゃったりした割には、いい感じではないでしょうか。

毎日スマホで予算いくら、と見ながら買い物した成果です。

 

        

 

内訳をみると、やはり肉類が多く青菜や豆類はあまり買っていませんでした。
これからは週1で夜に納豆を食べて肉の量を減らそう!
安易な発想ですが(^^;)意識してちょっとやってみようと思います。

   

                    

 

自信がついたので、7月からはつける費目を増やしました!
住宅ローンは繰り返し設定をすると自動入力してくれます。

 

                   

 

つける費目の予算も立てました。
現実をしっかり見て、頑張ろう!(Mさん)

  

            

 


Copyright (C) 2013 徳島友の会 All Rights Reserved.